早漏治療は仕事帰りに横浜のクリニックで行いました

薬は効果的であり、自慰行為時にしっかりと改善効果を実感出来た

総合的な診療が方針のクリニックなので、包茎などを治療する外科も行っております。
イメージ的に暗いことを予想しておりましたが、実際に病院へ行くと清潔な建物で働いている人たちも信頼出来る人ばかりでした。
受付で問診票へ記入して心理的なEDになっていることと、その原因が早漏を以前付き合っていた恋人に指摘されたことだと正直に記入しました。
医師は男性でしたが看護師や受付などは女性もおり、しかしプライバシーには配慮してくれるので診察や相談は男性医師と二人切りで行われます。
結論から言うと射精障害の一種であり、経緯を含めて珍しいものではないそうです。
性行為やパートナーの一言など、小さなきっかけでも心因性のEDになるケースはあることを説明されました。
治療を行えば症状は改善するし、自分の人生を向上することが出来るので目標を一歩一歩進めて行くことを提案されたのです。
初診後には2週間に1度程度、仕事帰りの帰宅時に横浜のクリニックへ寄って治療が行われました。
精神科医によるヒアリングや、インストラクターによるマッサージと軽い筋トレなどがメニューに組み込まれたのです。
ED治療薬も処方されて改善が見られるかなど、総合的な治療を行ってもらいました。
薬は効果的であり、自慰行為時にしっかりと改善効果を実感出来たのです。

お付き合いしていた女性に性交渉後に早漏を指摘された薬は効果的であり、自慰行為時にしっかりと改善効果を実感出来た性に関するコンプレックスをカウンセリング時話すことで、気持ちも楽になった